HOME> AGAとは

はげ、AGAの進行と進行パターンについて

発毛、育毛関連情報

個人ごとにケアの方法は違います。
発毛、育毛の無料体験の体験記、日記 体験の内容が報告されています

AGA 薄毛治療の銀座銀クリ 薄毛治療専門です。

AGA治療薬が格安で買えますよ。フィナステリド(商品名:プロペシア)

現在、日本におけるAGA(男性型脱毛症)の患者数は、1200万人以上と推定されています。

一般には20代前後から髪の毛が細くなるなどの症状が現れ、30代半ば頃になると40%近い人に薄毛や脱毛などの症状が出ると言われています。AGAの発症年齢や進行速度には個人差がありますが、中には10代で発症する人もいるようです。

人間の毛髪は一般的に10万本~15万本あり、健康な人でも1日に50本~100本の髪が自然と抜けると言われています。

毛髪のヘアサイクルには成長期と呼ばれるものがありますが、AGAになるとこの成長期が短くなるため毛髪が太く十分に育たなくなり、細く柔らかい状態のまま抜け落ちるようになってしまうのです。

AGAは進行性のものなので、何のケアもせずに放置してしまうと髪の毛は抜け続け、徐々に頭部が薄くなってしまいます。逆にきちんとしたケアを行うことで、AGAの進行を止めることは可能なのです。もし髪の毛が細くなってきたり、抜け毛が増えてきたなどの症状が現れた場合には、早めに適切な処置を行うようにすることが大切です。

AGAの脱毛には、幾つかの進行パターンがありますので以下に簡単に紹介しておきます。

・前頭部の生え際から徐々に後退していくパターン。その形状からM型とも呼ばれる。

・頭頂部から徐々に薄くなっていくパターン。脱毛が円形に進むのでO型とも呼ばれる。

・生え際と頭頂部の両方から、髪の毛が薄くなっていくパターン。M型とO型の混合性。

*上記は主な症状で、この他にも人によって様々な脱毛の進行パターンがあります。


このページの上へ