HOME> AGAとは

髪が抜ける、様々な脱毛症

発毛、育毛関連情報

個人ごとにケアの方法は違います。
発毛、育毛の無料体験の体験記、日記 体験の内容が報告されています

AGA 薄毛治療の銀座銀クリ 薄毛治療専門です。

AGA治療薬が格安で買えますよ。フィナステリド(商品名:プロペシア)

一言で脱毛症といっても、様々な種類があります。髪が抜ける原因や症状も異なりますので、ここで簡単に紹介してみたいと思います。


(1)AGA:

Androgenetic Alopeciaの略で、日本語では「男性型脱毛症」という意味になります。一言で言えば、成人男性によく見られる薄毛のことです。額の生え際や頭頂部の髪が抜けていき、頭部が薄くなってしまうのがAGAの特徴となっています。原因としては遺伝やDHT、喫煙、偏った食事、ストレス、不規則な生活などが挙げられます。

(2)円形脱毛症:

髪の毛が円形に抜ける症状が現れます。一箇所だけでなく、数や面積が拡大する多発性のものもあります。頭髪が全て抜ける全頭脱毛や眉毛なども抜け落ちる汎発性脱毛など、円形脱毛にも数多くの種類が存在します。原因は精神的なストレスをきっかけとする異常な免疫反応によって引き起こされるため、円形脱毛症は自己免疫疾患の一つとされています。

(3)粃糠(ひこう)性脱毛症(脂漏(しろう)性脱毛症):

男性ホルモンなどが原因で頭皮の皮脂量が増加し、それによってフケが増え、フケが増えることによって毛穴がつまり、毛根部の活動が悪化して抜け毛が起きることを粃糠性脱毛症と言います。男性ホルモンと関係するため、AGAと併発するケースもよく見られます。

(4)機械性脱毛症:

ポニーテールやヘルメットをかぶるなど、髪の毛を物理的に引っ張り続けることによって毛包が萎縮し、髪の毛が抜け落ちる症状です。主に額の左右の生え際が後退していきます。

(5)抜毛症(トリコチロマニア):

情緒不安定やストレスによって、髪の毛を自分の手で抜いてしまう病気です。

(6)薬剤による脱毛:

抗癌剤などで有名ですが、薬の副作用などによって髪の毛が抜け落ちることがあります。


このページの上へ